小陰唇肥大症を治療して、コンプレックスを解消する縮小手術

ダウンタイム

女性特有の悩みとは一般的にバストの大きさなどが挙げられますが、実はそれだけではありません。
女性には人目からはわかりにくい部分、陰部の悩みを抱えている人も少なくありません。
そこで陰部の悩みを改善する女性専門の形成外科も最近登場してきています。
女性専門の形成外科では小陰唇が肥大して外にはみ出したり、左右の大きさが違うことで下着やジーパンなどに擦れて痛い思いをしたり、また汚れが付着しやすいために炎症を起こしたりなど不快な女性特有の症状を改善する治療を行っています。
陰部を治療することで清潔に保つことができ、また性行時の痛みも減りますし黒ずみも気にならなくなります。
治療方法は主に手術ですが、繊細な場所ですので形成外科の高度な技術による施術で、完全無痛麻酔で痛みをほとんど感じないように行われますので安心です。

ところで女性専門の形成外科には、婦人科形成専門クリニックという所があります。
これらのクリニックでは主に女医さんによる女性器の治療が行われます。
また医療スタッフも全員女性というクリニックも多いようです。
クリニックでは女性特有の視点から、診療前に患者さんの悩みや意向に耳を傾けるなどの丁寧なカウンセリングが行われますので、施術前の不安も解消されます。
そして施術に関する説明をして同意をした上での手術になります。
手術は日帰り手術が多いようです。
ちなみに婦人科形成専門クリニックで治療を受ける場合には、事前に情報収集することが望ましいといえます。
繊細な部分ですので技術的にも優れ、衛生面にも配慮された所で施術を受ける必要があるからです。
下調べをしっかりすることで、より安心で上質な治療を受けることができるのです。