小陰唇肥大症を治療して、コンプレックスを解消する縮小手術

様々なデメリット

女性特有の悩みである小陰唇の大きさとゆうのは、生まれつきのものなのですが、「性交渉のしすぎ」だと誤解されている人が多々いるので、大きいと恥ずかしいと感じる女性も多くいます。
その為、小陰唇の肥大の悩みは、婦人科、女性器の悩みの中で最も多く、10代から70代まで、幅広い世代の女性が悩んでいる問題です。
小陰唇の肥大は形成外科で小陰唇縮小手術を受けることによって解決します。
手術は日帰りで出来るので、気軽に受けることが出来ます。
まず、産婦人科の診察台と同じような手術台に仰向けになり、陰毛を剃毛します。
麻酔が効いてきたら、担当医が事前にデザインしたラインにそって、肥大部分をメスを使いカットし、縫合をして、大きさや形を整えてくれます。

女性特有の悩みでいうと、他には、クリトリス包茎手術や、女性器の形を整えるために、大陰唇増大術、大陰唇縮小術を受ける人が多いです。
・「クリトリス包茎手術」は、過剰なクリトリスの周りにある包皮の一部を切除して露出させる手術を行います。
このクリトリス包茎手術が必要な場合、小陰唇肥大と合併していることが多く、小陰唇縮小手術も合わせて行われることが多いです。
クリトリスに包皮が過剰にかぶさった状態だと、内部が汚れやすく、臭いの原因になったり、 炎症を起こしやすくなったりするので、適度に包皮を除去するのが望ましいです。
・「大陰唇縮小術」は、大陰唇が肥大したことにより、小陰唇などの大陰唇の内側にある外性器が覆われたようになるので、外見が気になったり、汚れが溜まりやすくなるので臭いが気になる、炎症が起こりやすくなる、などの症状を改善するために、肥大した大陰唇を部分的に切除し、小さく形を整える治療です。
・「大陰唇増大術」は、「大陰唇縮小術」とは逆に、痩せた大陰唇に下腹部や太ももの内側などから注射器状の専用器具を使い、少量吸引した皮下脂肪やヒアルロン酸を注入してふっくらとさせ、形を整える治療です。