小陰唇肥大症を治療して、コンプレックスを解消する縮小手術

美容外科クリニック

バストや女性器などの悩みは、人には相談しずらいと考える人が少なくありませんが、形成外科では女性特有の悩みに対しての治療が可能です。
代表的な治療としては、バストに関しては、乳輪や乳頭が大きすぎる場合は手術で小さくすることが可能です。
女性器に関しては、大きさや左右のバランスが気になる場合は、小さくしたりバランスを整える手術などが行われます。
特に女性器に関しては人と比較をするのが難しい部分ですが、常に下着に擦れるような状態であれば肥大している可能性があります。
このような女性特有の悩みに関しては、男性医師には相談しにくかったり、治療に抵抗を感じる人も多いため、多くの場合、女性医師による診察や治療が行われています。

一般的に形成外科は、やけどや傷によって体の表面が変形してしまった場合に再建したり改善することを目的とした治療を行う診療科目です。
美容外科も形成外科の一部分と言えますが、美容外科での形成術は正常な部分を本人の希望で形を変えると言う点が、一般的な形成外科と大きく異なる点と言えます。
美容外科での診療範囲は幅広く、男性特有の悩みや女性特有の悩みまで様々な治療が可能になっています。
現在ではインターネットなどで情報も入手しやすくなっているため、自分の容姿が気になる場合は、治療が可能かどうかをすぐに調べることができます。
また、プライバシーに配慮して受診しやすいように工夫しているところも多くなっているため、今後も利用する人が増加すると予想されます。